2018年2月11日20:18 投稿
女子大生 巨乳【動画】-ふあふあだったのです・・

女子大生の巨乳の動画を見たくなってしまったのです。

どうしても女子大生の巨乳の動画を見たかったのです。
個人撮影したけど、相手に見せられないのです。
毛布を頭まで被り、照れた顔を隠してました。
女子大生は巨乳だと言われて、恥ずかしがっていました。
お互いに浮かれていたせいで開放的になってました。
付き合い始めてもう2年も経ってました。
女子校生に見間違われる程小柄な身体なのです。
柔らかくて温かい体を密着させてきました。
女子大生の巨乳のことを思うと体が疼いてしまうのです。
その手を離した瞬間に下着が地面に落ちたのです。
空気を読まずに部屋に入ってきたのです。
女子大生の巨乳の動画を見ることに魅かれたのです。
何事も無かったかのように寝転がってました。
AV女優に憧れていたのです。
当たるたびに眩暈を感じてしまいました。
もう突っ込む気にもなれなかったのです。
言われたとおりに上半身裸で手ブラをしました。
着替えているのを見て、あらためて豊満な体だと思いました。
自分で撮った写真を見て赤面していました。
我慢しきれず、服の上から胸をわしづかみにして揉みだしたのです。
さすがに行為の最中に入って来たことはありません。
もしかしたら、夢中で気付かなかっただけかもしれません。
現役だと聞いただけで快感を覚えたのです。
当てられた時は、快感に酔うどころじゃなかったのです。
今は、ゆっくり落ち着いて過ごしたいだけでした。
ちょっとした仕草でエロいと感じてしまいます。
家が割と近くで幼馴染みと呼ばれる仲でした。
ブラの肩紐がゆるみ肩から外れました。
お風呂の中で、女子大生は巨乳を洗ってました。
そして夏休みに恋人という関係になったのです。
掲示板に投稿さられたのを見ました。
ロリ顔がすっかり好きになってしまったのです。
男の人の精液を受けてみたいって思いました。
その近さの甲斐あって、二人で過ごす時間も長くなりました。
今まで、玄関から先へ入ったことはなかったのです。
大きく乳房をゆらしながら、抱きついてきたのです。
写真で見せてもらった、妹のことを覚えてました。
言われるがまま体育座りをしてから、両足を大きく開いたのです。
この幼さの残る表情が可愛らしさを強調しました。
容姿も性格も完璧だったのです。
女子大生巨乳に触れたかったのです。
女としての幸せを感じていました。
そこには適度な膨らみと、弾力がありました。
我慢できず拝み倒して触らせてもらいました。
愛撫されたせいで、パンティが濡れていました。
揉み心地には雲泥の差がありました。
下着は局部に張り付き輪郭を浮き出させていました。
Gカップを強調するような姿勢をしてました。
そういう歯の浮くような台詞は、いつでも思い浮かぶのです。
こんな辱めを受けたら、もう顔を合わすことはできません。
急に下半身がだるくなったのです。
その柔らかい感触を堪能させてくれたのです。
寂しいからという理由で、強引に誘ったのです。
初めて一晩供にした夜は、不安だらけでした。
Hカップの体を見せつけていました。
勃起していて、はちきれそうに前に突き出していました。
まだ、新人だということを知られまいと必死になって取り繕ってました。
足を大きく開いて、丸見えにしてくれました。
いろいろと邪魔されて、なかなか二人きりになれません。
その柔らかな、Iカップの感触を楽しみたかったのです。
我ながら名案だと思い、すぐに実行しました。
ふと目を覚ますと、あそこから出された精液が逆流してました。
巨乳を揉むのが好きになってしまいました。
タイミング悪くドアが開いて、気分が削がれたのです。
割れ目の中に指を入れられたのです。
愛撫をし続けたら腰が微妙に前後に揺れ始めたのです。
もちろん、水着の準備をしてきました。
ちょっとでいいから丸見えにして欲しかったのです。
久しぶりに会ったら、美人になっていて驚きました。
2年会わないだけで体は十分に成長してました。
その日は、うっかり顔出しをしてしまいました。
女子大生巨乳を見て興奮しました。
元々可愛かったのが、より磨きがかかっていたのです。
そして、おまんこが見えたのです。
天を仰ぎながら懸命に股間をいじっていました。
ハメ撮りさせてくれたら良いのにと思ってしまうのです。
だいぶ垢抜けて、どこから見ても清楚なお姉さんという感じです。
豊満な体を見るだけで、目の保養になりました。
モロ見えにして、今までとは違う気分になれたのです。
意気投合した我々はそのままホテルに行きました。
露出の多い服を着ていたため、健康そうな小麦色の肌が見えました。
膝を立てながら、M字開脚していたのです。
小さな口を開けたままこちらの様子を伺ってます。
また、モザ無しを見て、そそられました。
脱がせやすいように腰を少し浮かせてくれたのです。
僅かな沈黙の後に、声を張り上げて飛びついてきました。
個人撮影することに夢中になってしまうのです。
出るとこは出て、引っ込むところは引っ込んでいる体に見とれました。
そして何のためらいも無く瞳を閉じたのです。
当時一人暮らしだったので、気兼ねなく部屋に連れ込めました。
また、巨乳への憧れは変わることはありません。
キスは無理でしょうが、はぐくらいは出来そうです。
ハメ撮りを許してくれたらなと考えてしまうのです。
下着をすんなりと脚からとることができました。
脳裏に昨日の出来事が蘇ってきました。
せっかくだから、写真を見せて欲しかったのです。
何だったら、舌とか絡めても良かったのです。
これで、本番をする気持ちになりました。
朝から晩まで、目隠されたままでした。
誰に対しても、エロい気持ちを抱くわけではありません。
もちろん約束どおり、極小ビキニに着替えました。
離れていたうちに、性の知識がついたようでした。
自分から再び両足を開き露にするのです。
一日も早くモザイク無しを見たかったのです。
こんなに長い時間抱き合ったことは初めてでした。
本当に巨乳に触れるためなら、何でもします。
いつも、外で自撮りをしていました。
話もかなりに微妙な内容になっていました。
抱き合ったことで、忘れていた感覚を思い出しました。
向こうで何があったのかと思いました。
どうやら、エッチしたがっているようでした。
この不自然な笑顔は何を意味してるのでしょう。
そんな事を感じたのもほんの数秒でした。
両手を添えると左右に開いてみせたのです。
胸の谷間が、ちらちら見えて落ち着かなかったのです。
一方的に責められて夜が更けていきました。
明日も連れて来てくれることを願いました。
しばらくしてから、自画撮りしたのです。
そのままキスをし、服を脱ぎ始めました。
そんなの気に病まなくても上手くいくはずです。
わざわざ宣言しなくても、思い通りになるはずです。
初めての本番のせいか、こちらにも緊張が伝わってきます。
奥から溢れる白濁の液体が見えました。
現実を忘れたくて、ビキニに着替えて泳ぎました。
周りを気にすることもなく左腕へ抱きついてきました。
上着の一番上のボタンが外れて、胸の谷間が見えました。
自分の口に咥え、いやらしくしゃぶりだしました。
おっぱいを頬擦りすることで癒されました。
女子大生が巨乳を見せつけるので、抱きしめたくなりました。
こればかりは、習慣なので仕方なかったのです。
モザイク無しを見ていたら、誰かが来たので寝たふりをしました。
いいかげん我慢の限界にきていたのです。
思いのほか背が高くなっていたのです。
生挿入していいと勘違いしたみたいです。
モロ見えにしてくれるだけ気が晴れました。
腰に手をまわして、パンツを脱がそうとしました。
大量の精子を口にぶちまけました。
もっと近寄れば、エロい体が見えるでしょう。
そういうきっかけがないと、中出しできないのです。
どちらかというと背が高いほうが好きでした。
このまま挿入したらすぐに果てるに違いないのです。
むしろ、セックスしたくなって困ってしまいました。
巨乳に目を奪われてしまったのです。
密かに試みましたが、全て徒労に終わってしまったのです。
素人に好意を持っていたのかもしれません。
4人で朝までやりまくりました。
よっぽどsexに自信があるみたいです。
もじもじしながら上目遣いで見つめてくるのです。
明日、来てと言い残して、逃げるように帰ってしまいました。
お尻を見せることに躊躇いを感じました。
とても色っぽいTバックをはいていたのです。
怪しいと思いましたが、急だったのでするしかなかったのです。
人前でフェラチオするのは、とても緊張します。
そして、背後から巨乳に手をまわしました。
これで、何らかの変化が生活に現れるはずです。
胸の谷間に顔をうずめたい衝動に駆られました。
後ろから抱きつかれて、身動きがとれなくなりました。
シックスナインで快感が高まり平静ではいられなくなったのです。
裸になって、とても恥ずかしい姿勢になりました。
気分を変えようってことで隣の部屋に行きました。
態度が豹変し期待に満ちた目を向けていました。
ハメ撮りするため、その姿勢を保っていました。
19歳の細い体にそそられました。
乳首の色はピンクで、遊んでいないことがわかります。
おおよそ、1分くらいフェラチオしてました。
手で腰をがっちりと押さえられていたのです。
巨乳を見て、興奮したと正直に認めました。
とても大胆に、おっぱいを出してました。
ただ揉んでいるうちに一時間が経っていました。
誰に言うわけでもなく、独り言を呟きながら服を脱ぎました。
細い指先が延びて服越しに触れたのです。
好き勝手にワレメを触るのが嫌でした。
それくらいでうろたえてしまったことが悔しいのです。
まじまじと手に取る様を誰かに見られた気がしたのです。
慌てて個人撮影したわりには、しっかり写ってました。
やや後ろめたい気持ちで、お風呂に入りました。
このまま泊まってしまったら、きっとエッチすることになるでしょう。
乳首が勃起していたのです。
必死に射精しそうになるのを我慢したのです。
目線がどうしても、巨乳にいってしまうのです。
除々に高画質で見れるようになりました。
揺れる水面から顔を出したのです。
両足をひろげて、中出しされるのを待ちました。
恥ずかしいのなら、青姦する必要なんてありません。
何度もこすられて、形がはっきりわかってしまいました。
一体どれほど浸かっていたのか、体は赤みをおびていました。
全裸で仰向けになっていたのです。
待っている間は、無料の画像を見ていました。
手を上下に動かされ欲望を掻き立てられたのです。
どうしても、巨乳にばかりに気がいってしまいます。
裏DVDを見て満ちたりた時間を過ごしました。
この状況を理解するまでにかなり時間を要してしまいました。
20歳の顔には、まだあどけなさが残ってました。
もどかしい刺激が、体に火をつけてしまいました。
ごくたまに、気まぐれでフェラすることがありました。
少しずつ近づいて行き、体を押さえつけて輪姦しました。
そして、さり気なく触ろうとしたのです。
その目は興味津々と言った感じです。
ひんやりした指先が亀頭に延びてきました。
最初から無理して無料の画像を見る必要はなかったのです。

女子大生の巨乳の動画を見て満足感が得られました。

そんなに急かさなくても、ちゃんとしてあげるつもりです。
もうする準備は出来てるみたいでした。
お尻を触ったら、とても柔らかくて気に入りました。
こちらが物足りないくらい弱く撫でます。
そして、乱交するために声かけたのです。
ずっと体を舐めるように見ていたのです。
突然のことで、言葉が出てこなかったのです。
さすがに美人でも毎日会っていると飽きます。
つくづく無修正のDVDを見るのが好きなんだと思いました。
要するに今のままだと出来ないのです。
巨乳を揉んだ時の感触がまだ手に残ってました。
手のひらに包まれてしまったのです。
いつの間にか本気にフェラしていたのです。
興奮はしていないものの、動揺はしてました。
また、乳首を噛まれた跡が痛々しかったのです。
声を出さないように唇を噛みめました。
何かなと思って、手に取ってしまったのです。
即座に否定しましたが、疑いが晴れるには時間がかかりそうです。
無料の画像を見て、日々の煩わしさを忘れました。
ハメ撮りが終わってから、外に出ました。
それから、憂いを追い払うように微笑みました。
悲鳴を上げて、逃げ出してしまいました。
おっぱいを揉んだら天国にいるような気分になれました。
水着になったのを見て憧れてしまったのです。
今更、親切が逆に迷惑だったのです。
白いパンティーを頭に被ったり、匂いを嗅いだりしてみました。
巨乳を見て以来、触りたい気持ちが日々募っています。
そして、毎日少しずつ無修正のDVDを見てました。
体も拭かずに脱衣所から飛び出して行ったのです。
そのじらすような愛撫におかしくなりそうになったのです。
頭を抱えたくなる事がたくさんありました。
絶対に聞かせられないことをしてきたのです。
マンコを見たら、性欲が湧水のように次から次へと溢れ出しました。
驚いてるくせに、逃げる素振りは、まったく見せませ。
突然、手に柔らかい何かを握らされました。
女子大生の巨乳の動画を見て、心の底から喜べたのです。
体の隅々まで舐めてから、最後にクンニしました。
手の中にあるものを力一杯、投げ捨てました。
恥ずかしい格好でされるがままに悪戯されました。
こうして流出したのを見れるなんて、夢のようです。
下着が、少し透けて見えてしまうような服を着てました。
人肌の温もりと、とても良い香りが伝わってきました。
ふと目に入った、Eカップにむらっとすることがあります。
勃起していて、摩るたびに、さらに大きくなっていきました。
無修正のDVDを見て快感が体中にめぐりました。
その先の行為なんて出来るわけないのです。
まんこを触りたくなってしまったのです。
巨乳を見ているうちに抑えられない欲情が湧いてきました。
唇の愛撫は徐々に激しさを増していきました。
前々から、そういう趣味があったのです。
こんな状況でも寝てしまうほど疲れてました。
しかし、寝ている間に何をされるかわかりません。
ちょうど手が足りなかったのです。
おっぱいが完全に隠れないほど布が少なかったのです。
胸ポチを見て色気を感じたのです。
ノーブラだったせいか、大きく胸が揺れてました。
バスタオルを撒いて、その場で水着に着替えたのです。
まだ、Fカップだけど、もっと大きくなるでしょう。
小さな口で食べられてしまったのです。
女子大生は薄着だったので、巨乳であることが良くわかりました。
18歳は、どんな姿勢をするのも平気みたいです。
男女の関係になるまで、そう時間はかからなかったのです。
そそのかされて、おずおずと触りだしました。
無修正のDVDを見て、いつもより良い感じになったのです。
今夜、初体験すると決めたのです。
何度となく、流出させたのです。
根元を握った手をますます激しく上下に動かしました。
3Pをしているところを見れました。
そろそろ、別の刺激が欲しくなっていました。
いけない関係を持つことに後ろめたさを感じたのです。
大胆になり、服の下に手を入れて揉みまくりました。
乳輪の大きさは、小さくもなく大きいわけでもなく、ちょうど良かったのです。
もちろん振りだけで実際にするわけではありません。
身をよじらせて、オメコをこちらを向いてました。
完璧すぎるほどの美人だったのです。
少し興奮気味に囁いてきました。
そんな言葉を聞いて舌を絡めてきたのです。
女子大生の巨乳の動画を見て、より興奮度しました。


君鐘ゲートウェイ〜18禁萌え画像語り場〜
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBS&ランキング
[ebbs.jp|MEGA-RANK]