2018年4月15日18:39:13 投稿

巨乳の女子高生が好きなので、女子高生の巨乳を見た。

女子高生巨乳・画像を見て感じてしまいました。
Gカップを吸われて、とても卑猥な気分になったのです。
体は汗まみれになり、さっぱりするためにお風呂に入りました。
ある日、遊びに行った先の家でアダルトを見たのです。
その頃は完全にFカップを揉むことにはまってました。
全部出切ると、いきなり倒れ込んでしまいました。
涙目で喘ぎ、果てる瞬間まで声をあげていました。
顔を上げると、目の前で水着に着替えていたのです。

女子高生の巨乳を触ったら、とても柔らかくて気に入りました。

甲高い喘ぎ声と、突くたびに揺れる胸で興奮も高まってきます。
液体が溢れるように出ているので、すんなりと入っていきました。
軽く噛んだりすると喘ぎ声が上がります。
最初は笑っていましたが、ねちっこく責めていくうちにだんだん笑顔が消えました。
もう1時間も前から、乳首を弄っていたのです。
形の良い胸は寝ていても垂れることはありません。
全てを口で受け止めて、喉をならして飲んでしまいました。
なんとか耐えようと頑張りましたが、結局我慢が出来ずに出してしまいました。
先っぽをしゃぶられるだけでもかなりの快感です。
当時は学校帰りとかに良く隠し撮りをしたりしてたのです。
ふて腐れたように言う姿は、とても可愛くて勃ってしまいました。
女子高生の巨乳が見れる画像を見るたびに性欲が高まっていきました。
写真を見て、その魅力に惹かれてしまいました。
見ない方が不健全だと勝手に思い込んでいました。
胸の谷間に挟んでもらってしごかれたいと思ってしまいました。
ふたたび、おっぱいを触るのに少し時間をおきました。
一目瞭然で分かる大きな胸を持っていて、学校では人気があるほうでした。
この時の胸元は過激すぎて目のやり場にこまりました。
ブラウスの奥には、吸い込まれそうになるほど深い谷間が見えていました。
女子高生の巨乳の画像を見たいのなら我慢する必要などありません。
流出させたことを告白することもできずにいました。
いつも以上に至近距離まで近寄ると薄手のブラウスからブラが透けて見えたのです。
見せたくないという感じで隠そうとしていましが、そんなもので隠れるサイズではなかったのです。
正直、Hカップだとは思ってなかったのでびっくりしました。
思いが通じているか確認の意味も込めて目を合わせたのです。
おっぱいを触っているうちに快感が込み上げてきました。
一緒に帰るのは色々とまずいと思われたのです。
相手が嫌がるのもかまわず個人撮影を始めたのです。
初めて見る部屋はごく普通の感じだったのです。
ブラに無理矢理押し込まれている感じで、今にもはみ出しそうでした。
無意識のうちに胸を下から持ち上げる格好になっていたのです。
強引に巨乳を吸ったのです。
いつもビキニを着ると、誰に見られているような気がするのです。
ちょっと触っただけで張りがあるのに柔らかいと分かったのです。
頭を微動だにせず乳首を吸うことに集中してました。
興奮のあまり失神しかけながらも揉みはじめたのです。
その日はsexが出来ずに悔しい思いをしながら帰りました。
この世にこんなに柔らかいものがあるのかと思えるほど胸は柔らかく弾力があったのです。
どんなに割れ目を触れられても平気な顔をしていました。
全てのボタンを外し終わるといきなりブラが目の前に現れたのです。
パンツを見せたら凄まじい勢いで食いついてきました。
巨乳を触りたいのなら、迷ってなんかいられません。
まんこを舐められて、ちょっと興奮しましてしまったのです。
強めに挟みながら上下に動かしてきたので快感が頂点に達したのです。
無料の動画を見ることで快感が訪れると考えてました。
びっくりしたのと同時に快感が腰を貫いた感覚におそわれました。
おっぱいを触られていることが気にならないほど集中していたのです。
もう堪らないと言いつつも、もっと舐めてくださいと頼んだのです。
基本的には異性は立ち入り禁止だったのです。
調子に乗ったついでに、思い切って盗撮することにしました。
何処の誰だか分かんない人は無理と真面目な顔で語っていました。
時間を掛けて、ちゃんと話をしてから性格を見極めてからでないと駄目でした。
ビキニを見ることで、やらしい気分になるのでした。
巨乳を撫でることに、興味があったのです。
自分からモロ出しにすることに驚きを覚えました。
たぶん大きさが普通じゃ無かったせいだと思いました。
もしかしたら、パンツを脱いでくれるかもと思い、軽く迫ってみました。
あまりの大きさに余裕で飛び出していたらしいのです。
いきなりM字開脚して股間を触らせようとしたのです。
そんなに大切に扱われた事がなくて、かなり悔しかったのを覚えています。
いつものように慣れた手つきで、個人撮影を始めました。
そして悶々とした気持ちでその日は帰りました。
無料の動画を見ているうちに眠ってしまったのです。
性格からして泊まることはあり得ないので、その事は考えずに帰りました。
写真を撮るためには気合が必要です。
巨乳を触られ感覚が研ぎ澄まされてしまったのです。
もう一回、モロ見えにしてと頼まれたので言う通りにしてやりました。
姿が見当たらないことを特に気にせずに戻ろうと思いました。
Fカップを吸っているうちに快感が押し寄せてきたのです。
電気が消えているのに中から話声の様なものが聞こえた気がしました。
もう信じられないほど美乳だったという事しか覚えてません。
ひょっとしたら抱き合っているのかと思い、中が見たくなりました。
まんこを舐めるために部室の電気を消しました。
夜で暗と思ったのですが、月明かりで中が良く見えました。
やり場のない性欲を晴らすためにEカップを揉んだのです。
ショックで何も考えられませんでしたが、とにかく落ち付こうとしたのです。
巨乳であることを分からせることが、大切だったのです。
覚悟を決めたのかゆっくりと上着を脱いで上半身裸になりました。
どんな命令でも聞いてしまうことが信じられなかったのです。
いいムードになったので服の上から、おっぱいを揉みました。
嫌々ながら協力して、胸を揺れさせて楽しんでいる様子でした。
盗撮するため毎日のようにその場所に通っていました。
そして恥ずかしがってはいましたが、感じている様でした。
当然、ハメ撮りすることも初めてだったのです。
その光景に興奮して初めて会ったのにすぐに仲良くなりたい衝動に駆られたのです。
モザイク無しの見方が分からなくて困っていたのです。
女子高生の巨乳の画像を見を見たら、体が疼いてしまいました。
今まで小さい子としか付き合った事なかったから、どうしたらいいかお手上げ状態です。
後ろから抱きしめてから、肛門に入れようとしたのです。
元々の性格が似ていた事もあり、直ぐに仲良くなれたのです。
まだ15歳になったばかりで顔には、まだあどけなさが残ってました。
どうやら好感を持ってくれてるみたいだったので、これはひょっとしたらなんて考えてました。
ビキニの姿を見たら、急に興味がわいてきたのです。
ブラジャーを外そうと背中に手をまわしても、まったく表情を変えません。
無修正のDVDを見た時の記憶が蘇ってきました。
お風呂の中で、女子高生は巨乳を洗ってました。
パイズリが終わってから、寝かせて体に上に覆いかぶさったのです。
家に着いて上着を脱いだら、いつも夢見てたものが現れたのです。
ちょっと前まで呆れるほど積極的に援助交際をしようとしてました。
シャツを持ち上げる、2つの大きな膨らみに興奮しました。
無修正のDVDを見る事があり、いつか手に入れたいなと思ってました。
完全に盛り上がってしまったものを隠しきれなくなったのです。
初めて、パイパンを見てどきまぎしてしまったのです。
何とかして誤魔化そうとしましたが、気付かれてしまいました。
無料の動画を見ることを優先させたのです。
色々と話を聞いていたので、凄く興味をもっていたのです。
思春期になった頃から、Tバックをはくようになりました。
触り方がぎこちなかったのですが、逆にそれが興奮を誘ったのです。
時間が許すまで、巨乳をしゃぶっていたかったのです。
素人だと知って妙な沈黙が流れ、とても気まずい雰囲気になったのです。
我慢出来なくなって思わずキスをしたのです。
微笑みながら楽しそうにパイズリしてくれました。
強引にキスしてたら、むしろ向こうから舌を入れてきたのです。
とても恥ずかしそうな仕草でブラを外しました。
会って1分も経たないうちに、お尻を触ろうとしてきました。
制服姿が似合っていて、とても可愛らしかったのです。
知らず知らずのうちに好きな時にマンコを見れるようになっていました。
そして自然に話をするようになっていったのです。
早くワレメを触りたかったのですが焦らずにその気になるまで待ちました。
巨乳を揉んだら気持ちよかったのか絶叫してしまいました。
まだ未熟で、果てるまでには行かなかったのです。
キスをしながら巧みにセーラー服を脱がしたのです。
あっという間に下着だけの姿になっていました。
とても緊張していたので、エッチを始めるまで時間がかかりました。
引き締まった形の良い体が下着の上からでもわかりました。
本当に丸見えにしてくれる人が来るまで待つつもりです。
キスに夢中になっているうちに、いつのまにか下着姿になっていたのです。
そのあまりの手際のよさにびっくりしていました。
嫌がっているのを省みられるこもなく無言で乳首を吸われました。
ブラを取ろうとすると、一瞬、拒んだのですがすぐに抵抗をやめまいsた。
女子高生の巨乳を見れる画像を見たい気持ちをわかって欲しかったのです。
恥ずかしく、誰にもまだ見せた事がないと説明してました。
手ブラをしながら近づいてきて体を預けたのです。
中に指を入れるとすぐに絶頂を迎えてしまったのです。
自撮りするだけなら、それほどの抵抗感もなくどちらかといえば楽しささえ覚えました。
抱えて起き上がり、そのまま後ろに倒れこんだのです。
何も言わずにパイズリを始めたので、驚きとともに嬉しさが込み上げてきたのです。
抜かずに体位を変ええた事に喜んで、しがみついてきたのです。
絶対にエッチをしないと帰さないという空気が流れてました。
下から突き上げながら、目の前で揺れる胸を見つめていました。
もしも、エロいことをしたら、どんな反応を示すでしょう。
生理中だということもあって、中で射精しようと決めていました。
巨乳をしゃぶることに快感を覚え始めたのです。
想像していたよりも、処女喪失させた時の達成感は遙かに大きかったのです。
ふと違和感を感じて目を覚ますと、上着が捲り上げられていたのです。
このまま援助交際してしまってもいいかな、なんて思っていました。
そのまま、ほぼされるがままに色々と弄られたのです。
それから毎日のようにやってきて裸を見せてくれました。
注意するたびに泣きそうになる顔が心に火をつけました。
裏DVDを見ているうちに気持ちが高ぶって、全身が硬直していったのです。
これまでも随分かばってきましたが、これ以上はとても無理でした。
無料の動画を見ていたら、しばらく寝付けなくなったのです。
悩んだ挙げ句、抱かれてもいいと言い出しました。
女子高生の巨乳のことを思うと股間が疼いてしまうのです。
何でも言いなりになる覚悟はすでにできてました。
水着の姿を見ることで満足な一時を過ごすことができるのです。
今日は朝から暑いので昼まで寝るつもりでいたのです。
おっぱいを触れられても、どうでもいいことのように思えてしまったのです。
それを聞くのが楽しみだったのです。
いつもなら、モロ見えにしようなんて考には陥らないはずでした。
そんなこと思って服を脱げずにいたら先に上着を脱いだのです。
きっと胸ポチに触れようとして、近づいて来たのです。
申し訳程度の大きさしかなく、見せるのが恥ずかしくなったのです。
女子高生が巨乳を見せつけるので、抱きしめたくなりました。
こちらが全然脱いでないことを指摘してきました。
当たり前の話しですが、一週間も隠し通せるわけなかったのです。
セックスしたくなくて断ったのに聞く耳を持たなかったのです。
余りにも違い過ぎて言い返そうにも言い返せなかったのです。
何回か援交したのですが、そのうちに物足りなさを感じるようになったのです。
少しでもしいから、巨乳に触れてみたかったのです。
少し気持ちの余裕も出てきたので、ノーブラでいることが多くなりました。
からかうだけからかわれて、いったんその話は終わりました。
最初から高画質で見れるなどと、まったく考えて無かったのです。
両手で抑えながら、胸を中央に寄せました。
16歳になってから、誘い方を考えるようになってました。
綺麗で性格良くて羨ましかったのです。
中出しされた時は実際のところ自分の身に何が起こったのか、よく分からなかったのです。
歳の差がありすぎて対象外ということで振られたのです。
こんな場所で丸見えにするなど、もうしたい放題でした。
軽い気持ちで告白したので断られてもショックが少なく、その後も付き合いが続いていました。
いくらエロいことされても、今さら別れることはできないのです。
結局別れはしませんでしたが、だからといってすぐに気持ちが収まるわけでもありません。
自画撮りしたことはそれほど問題ではありませんでした。
そういう愚痴を聞くためにここにやって来たのです。
巨乳に触れられて、あの時の感覚が蘇ってきました。
おまんこを触れられたと同時に緊張の糸が切れ崩れるように倒れてしまったのです。
美人を前にして思っていたより冷静でいられました。
モザイク無しを見るなんて何年ぶりかの出来事でした。
一回寝たからといって、しつこくつきまとってくるのが鬱陶しかったのです。
援交していたことを告げられて、どうしていいかわからなくなりました。
一回目の時は、ちょっと声は出していましたが、ほとんど動かず仕舞いです。
その日はどういうつもりかハメ撮りをしたがったのです。
自分だけが気持ち良くなって終わるつもりだったみたいです。
流出させないように強く念を押されて我慢することにしました。
経験したのが一人だけだったせいで、そういうものだと思っていたらしいのです。
Iカップを揉んでいるうちに、じんわりと快感が込み上げてきました。
初めての時に気持ち良くなったから、もう二度としないと決めていたのです。

女子高生の巨乳を揉んだ時の感触がまだ手に残ってました。

とりとめのない会話を交わしたあと、フェラチオを始めました。
夜遅くに帰ってくる予定でしたが、都合により午前中に帰ることになったのです。
以前よりも無修正のDVDを見ることに前向きになっていました。
疲れで物凄い眠気を感じていたので、誘いを断って帰ったのです。
なぜだか急いで、モザ無しを見なければならないと思ったのです。
ベッドに入るや数分後には眠ってしまってました。
17歳の初々しい肉体の虜になってしまいました。
ふと目を覚ますと、隣の部屋から声が聞こえていたのです。
何の見返りも求めず個人撮影することを承諾してくれました。
こちらの存在を気付かれないようベッドで静かにしてました。
普通の心理ならフェラなんてしないはずです。
いけないと思いながらも、ついつい想像してしまってました。
女子高生の巨乳が見れる画像を見て快感が込み上げてきました。
おっぱいポロリした時のことを思い出して、にやついてしまいました。
とても落ち着いた感じで、はみ出た乳輪を見つめていたのです。
何回も嗚咽しながらフェラをしていたのです。
可愛く奉仕してることを知り、意外だなと感じてしまいました。
自画撮りすることを約束させることはできませんでした。
いつもはさばさばしてるのに艶っぽい声を出していました。
裸になったことで一気に肩の荷が軽くなった気がしました。
何とも言えない悔しさと羨ましさを感じていることに気づいたのです。
おっぱいを揉まれているうちに感じ始めていたのです。
何はともあれ、避妊はしっかりして欲しいものです。
正直あれだけの体型ならば、ジュニアアイドルになれるでしょう。
結構早めの時間から始めたこともあり、すぐに終わってしまい暇を持て余すことになりました。
おっぱいを晒したことで、突き刺ささるような視線を浴びたのです。
ふとしたきっかけから話し始め、10分ほどで意気投合してしまっていました。
巨乳を噛まれた瞬間に声を出してしまいました。
そのまま、行ったことのないようなところに連れて行ってもらいました。
無修正のDVDを見たことを言えずにいました。
誘われ、一瞬迷いましたがホテルに入ることになったのです。
普通に話していましたが途中から服を脱ぎ出し、すっぽんぽんになっていました。
正直言ってまともな判断能力なんかは残っていませんでした。
3Pをしたいのなら自分の殻を捨てるしかないと思い知らされました。
その見た目とは裏腹に力押しではなく、凄い技を持っていたのです。
悪者になりきれず、輪姦することが出来なかったのです。
当然、そんな状況を見せられているうちに変な雰囲気になっていきました。
18歳になって、これだけの体型になったのです。
何分経ったか分かりませんが、ようやく引き抜いてくれました。
そろそろ限界も近かったので内心、ほっとしたのです。
すでに味わった後だったので、少し物足りなく感じました。
まずは話し合い、それから乱交することにしたのです。
当然ここまで来れば、もう一度試したくなるのが人情というものです。
どうしてもオメコを見たかったのですが、そのことを言い出せなかったのです。
やっぱり体の構造を知り尽くしているだけあって、感じさせるのが上手かったのです。
お尻を撫でることが出来たら、すっきりするかもしれません。
今度はこっそり独り占めできたらいいななんて考えています。
女子高生の巨乳の画像で見たい衝動に駆られたのです。


†Chapter.4†
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説
無料レンタルBBS&ランキング
[ebbs.jp|MEGA-RANK]